TABIMARU.com

世界4周中の情報系旅人が綴る、世界や旅の情報あれこれ〜たまに恋〜

《世界最高の年越し!》ニューヨークでのカウントダウンを完全攻略する為の方法まとめました。

一生に一回経験してみたいことってあるじゃないですか。

旅好きな人やったら、ウユニ塩湖行ってみたいとか、アフリカのサファリに行ってみたいとかそういうのが出てくると思うんですけどね。

 

多分これも多いはず。

 

f:id:tabimarusho:20160730002650j:plain

“ニューヨークのタイムズスクエアで年越し”

 

僕…

 

 

行ってきたんです!!!!

 

タイムズスクエアでの年越しは本気で面白かった。

これは是非、多くの人にも行っていただきたい!!

そんな訳で、今日はタイムズスクエアでの年越し完全攻略法を書こうと思います。

 

1)部屋探しはAirbnbで決定だ!!!

ニューヨークは世界一と言ってもおかしくないくらい物価が高いんです。

もー、本気で何もかもが高いって思ってしまう。

もちろん宿代だって安いドミトリーでも3000円や4000円は絶対にしてしまう。

 

そんなニューヨークではありますが、宿代を抑える方法があります。

それは先日紹介したAirbnbを活用するという方法!!

 

Airbnbであれば人数を集めれば一人一泊3000円程度で部屋が見つかります。

住宅が密集しているニューヨークですが、日本の東京のように狭い部屋なんて一つもありません。

ほとんどの家が6人程度が泊まっても充分スペースがあります。

 

僕の場合は10月に予約をして、そのあとにメンバーを集めましたが、たった1週間で6人のメンバーが集まりました。

それだけニューヨークでのカウントダウンを考えている人はとっても多いんです。

なので早めにAirbnbで部屋を抑えて、twitterfacebookなどのSNSを利用してメンバー集めをしてしまうというのが一番賢い!!!

 

キッチンもしっかりしているので、料理だっていろいろ作れてしまいます。

僕の場合は正月から鶏を一匹さばいて、寄せ鍋作ってましたよー!!

 

Airbnbについて書いた記事はこちらをごらんください。

 

www.tabimarusho.com

2)午前10時にタイムズスクエア“あの瞬間”を迎えたい

タイムズスクエアでのカウントダウンですが、お昼から行こうかなぁって思っている人が結構多いようですね。

 

けれど、僕はあえて午前10時にタイムズスクエアへ行ったんです。

 

 

それはなぜか??

 

 

f:id:tabimarusho:20160730000329j:plain

実はニューヨークで午前10時を迎えたタイミングで、日本では1月1日の午前0時を迎えているんです。

 

その瞬間をせっかくだったらタイムズスクエアで色んな人と一緒に迎えたいわけですね!!

 

タイムズスクエアで一番有名な液晶画面ですが、毎時ごとに世界中のどこの国で新年を迎えたかというのを知らせてくれるんです。

 

日本とニューヨークは時差が14時間なので午前10時に液晶でそれを知らせてくれる訳ですね。

しかも、日本は特別扱い!!

 

なんと

 

f:id:tabimarusho:20160730000301j:plain

“謹賀新年”

という文字が映し出されていました!!!

毎年日本が新年を迎えるたびにここの液晶では特別な映像を流してくれているようですよー!!

 

アメリカにいても日本の年越しの瞬間をタイムズスクエアで迎えれるなんて、とっても贅沢です。

 

3)イベントグッズをゲットせよ!!!

ニューヨークでのカウントダウンは無料なんですが、様々な年越しグッズが配られるんです。

f:id:tabimarusho:20160730000056j:plain

 

帽子

手袋

マフラー

 

f:id:tabimarusho:20160730000119j:plain

こういったものを身につけているかどうかでカウントダウンの楽しみ度合いがぐっと変わってくるんです。

僕が参加した年はピンク色の帽子を配ってくれていました。

f:id:tabimarusho:20160730000147j:plain

その場にいる参加者全員が同じグッズを身に付けているので、どこを見渡してもピンクの帽子だらけ!!

 

このイベントグッズですが、夜6時以降ぐらいから徐々に配られ始めていきます。

ゲットするのは案外簡単なのですが、そのためにはカウントダウンイベントをしているステージ付近にいる必要があります。

 

午前10時の日本カウントダウンから参加している方はステージ近くの場所に行くことができると思います。

絶対に欲しい方は、カウントダウンステージの付近に柵がたてられているはずですので、その柵沿いに場所を陣取ってください。

そこの通路を通ってグッズが配られます。

 

4)豪華アーティストを見逃すな!!!

カウントダウンには無料で大丈夫なのか?と思うほど素晴らしく豪華なアーティストが登場してくれます。

 

その年に活躍した世界中のアーティストの方が登場してくれるのですが、僕が訪れた2015年へのカウントダウンの際に登場したアーティストを紹介してみると

Idina Menzel

American Authours

Magic!

Taylor Swift

などなどメガヒット連発のアーティスト達が登場する超豪華ステージ!!

 

テイラースイフトがちょうどアルバムを発表した年だったんです。

その中におさめられている一曲

Welcome to New York”

 


Taylor Swift - Welcome To New York (live at Dick Clark’s New Year’s Rockin’ Eve 2015)

テイラースイフトに“ニューヨークへようこそ”って歌ってもらえたんです。

まぢで最高。

テイラー見るためにニューヨーク行きのチケット買ったって思ってもいいくらい。

生テイラースイフト…めちゃくちゃ可愛くて、めちゃくちゃ細かった…

 

5)極寒の中を耐えれるだけの防寒対策をやってください!!!

僕が訪れた時のカウントダウン時の気温はおよそマイナス5度。

これは結構マシな方らしいです。

 

他の年だとマイナス10度とかが結構あるらしい…

無理無理無理無理…

なので絶対に防寒対策をしていってください。

 

これくらいあっても全然よい!!

むしろ僕はまだまだ着てましたね。

ヒートテックタイツとか2枚履いてました。

デニムとチノパン重ねばきとかもしてたし…

 

6)絶対に忘れてはいけないもの。それはオムツである。

僕が一緒に行ったメンバーは20名ほどだったのですが、そのうち18名が全員大人用オムツをはいていました。

 

タイムズスクエアのカウントダウンに参加するためにはイベントが行われるゲートの中にはいる必要があるんですが、とんでもない人ごみになってしまうので再入場しても同じ場所にたどり着くことはほぼ不可能です。

 

僕が訪れた時であれば14時頃にはゲート内にはもう誰も入れないようになってしまいました。

(ステージから離れた後方であれば入れます)

 

そうなると、困るのがトイレですね。

 

大便は我慢できるが、小便はまぢできつい。

カウントダウン前、何度あちこちで放尿している姿を見たことか。

(イベントでもらったスポンジ製の帽子に放尿していた中国人の女の子元気かなぁ)

  

午前10時から参加するとなると、家を出発するのが午前9時頃になり、家に帰るのが早くても午前2時近くになると思います。

(地下鉄は24時間運行されている為、離れた場所にアパートがあっても大丈夫)

 

17時間おしっこ我慢…きつい…

きつすぎる…

 

 

その為おむつは絶対に持って行ってください。

確実に日本製のやつの方が良いと思います。

 

 

ちなみに僕が行った時20名いたメンバーのうち2人がオムツを履いていなかったんですが、非常に残念なことにその2人は尿意を我慢できずお漏らしをしました。

 

お漏らしした人はこの方。

 

 

 

f:id:tabimarusho:20160729235757j:plain

はざまじゅんぺいといいます

(この写真放尿中です。信じられます?タイムズスクエアで漏らしてるんですよ?ありえます?)

僕はあれから1年半以上経過している今でも彼のことを

“はざまもらぺー”と呼んでいます。

彼みたいならないようにオムツを是非履いて行きましょう。

 

www.junpeihazama.com

おもらしブログです。

 

まとめ)たくさんの仲間と一緒にカウントダウン!!!

f:id:tabimarusho:20160729235834j:plain

カウントダウンは絶対に大勢で行った方が楽しいです!!

会場内ではクラブミュージックが流れて、みんなで大騒ぎができてしまうんですが、2・3人で参加したって全然エンジョイできません。

 

クラブミュージックが流れてきている時に、体を動かして暖をとるのがベスト!!!!

 

f:id:tabimarusho:20160730000407j:plain

是非大勢の仲間を見つけて、カウントダウンに乗り込んでくださいね!!

 

*僕がいつも利用している宿検索サイト*
支払いは現地でできるし、申し込みした時にお金もかからないし、ほとんどがキャンセル無料だし。一番使いやすいサイトです。