TABIMARU.com

世界4周中の情報系旅人が綴る、世界や旅の情報あれこれ〜たまに恋〜

夏の旅はここに決めた!20カ国以上を訪れた大学生が心を奪われたヨーロッパ5選!

f:id:tabimarusho:20170607171152j:plain

世界の皆さん。

おはようございます。こんにちは。こんばんは。

チャパティです。

 

f:id:tabimarusho:20170520104955j:plain

インドの粉もんチャパティです。

実は僕、大学生にして20カ国以上もの国に訪れたことがあるんです!(自慢)

しかもイギリスとアメリカに合計6年間住んでいました。(自慢)

パスポートもこの歳にして既に3冊目です(自慢)

ヨーロッパの主要な国は制覇しています。(自慢)

 


そんな僕は、

『残るは南米とアフリカ大陸あたりかな。』

と調子にのっていました。

そんなある日、ある旅人の出会いをきっかけに、ものすごく行きたくなった場所があります。

 

それがヨーロッパの国々。

なんでヨーロッパ??

と思う方もいるかもしれません。

主要な国は制覇したんでしょ?

物価高くない?



しかし。

その旅人が教えてくれた国々は物価が安い国だったり、

息をのむほどの絶景が待っている国だったりしたのです。

そんな国というのがこちらの5カ国。

  1. ギリシャ
  2. アイスランド
  3. チェコ
  4. ウクライナ
  5. ポーランド


この国々にピンとこなかった人もとりあえず読んでみてください。

きっと行きたくなるはずです。

 

ギリシャにあるらしい!?世界一美しい〇〇

まず1カ国目はギリシャです。

ギリシャといわれて何を思い浮かべますか?

僕はこれしか思い浮かべませんでした。

 

f:id:tabimarusho:20170605105101j:plain

誰しもが世界史の教科書で一度は見たことであろう建物。

パルテノン神殿。

おそらく多くの人がギリシャと言われて思いつくのが、

“古代ギリシャ”であったり“古い建造物”であったりすると思うんです。

*僕の勝手な妄想ですが。。。


だからそこまで興味がそそられなかったんですよね。

特に古い建物好きじゃないし。

そう思っていたらサントリーニ島のことを教えてくれました。

 

旅人「サントリーニ島ってところ綺麗やで、調べてみ」

ぼく「なんですかそれ。(カタカタ)」

ぼく「でてきました、でできました。なんですかこれ。

 

 

 

 

f:id:tabimarusho:20170605105127j:plain

   めちゃくちゃ綺麗じゃないですか。」

これが世界一美しい島と呼ばれるサントリーニ島です。

納得。

 

旅人「夕日の景色も調べてみ」

ぼく「夕日バージョンですね(カタカタ)」

 

f:id:tabimarusho:20170605105138j:plain

ぼく「これは行きたい。世界20カ国以上訪れましたが、

   今すぐにでも行きたいです。」

旅人「せやろ?めっちゃ綺麗やねんて!!」


www.instagram.com

まちがいない。

世界一美しい島と言われているだけはある

思わず泣いてしまいそうです。


オーロラだけじゃない!アイスランドに潜む絶景。

続いての国はこちら。

オーロラが綺麗な国アイスランド。

f:id:tabimarusho:20170605105238j:plain

オーロラ=アイスランド

アイスランド=オーロラ

と言えるぐらいアイスランドのオーロラは有名ですよね。

僕も今年の冬にみに行こうと思っているぐらい。

 

旅人「お前アイスランドといえばオーロラだけやと思ってるやろ」

ぼく「え、違うんですか?」

旅人「あれがあるやん。セイリャラントスフォス」

ぼく「セイリャラントスフォス?」

旅人「そう、セイリャラントスフォス」

ぼく「アイスランド セイリャラントスフォス っと(カタカタ)」

ぼく「でてきました、でできました。なんですかこれ。

 

f:id:tabimarusho:20170605105252j:plain

   めちゃくちゃ綺麗じゃないですか。」

 

この夕日に照らされるセイリャラントスフォスは。

思わず“広大な土地×滝=絶景の方程式”と言いたくなりました。

それぐらい写真越しでも感動したぐらい綺麗です。

f:id:tabimarusho:20170606211942j:plain

滝を裏側からじっくり眺められるのも特徴の1つです。

国道1号線のそばの、滝に続く小道を行くと行けるみたいです。

簡単に行けるそうなのでいってみてはいかがですか?

 

気になる方はほかの滝も調べてみてください。

まだまだ綺麗な滝はアイスランドには存在するので。

 

絵本の世界に飛び込もう。チェコでみた絵本の世界。

ここからは物価の安い国が続きます。

まずはチェコから。

チェコといえば何と言ってもまるで絵本の世界のような世界の街並みですよね!

f:id:tabimarusho:20170605105448j:plain

photo by Norio.NAKAYAMA

ほかにも、

こんな美しい図書館もあります。

綺麗すぎて本なんて借りられない。

絵本にも出てきそうな可愛い建物やプラハ交響楽団などで有名なチェコかもしれません

が、実はそれだけではないんです。

 

ぼく「チェコって他何かありましたっけ?」

旅人「モラビアって調べてみ」

ぼく「チェコ モラビア っと(カタカタ)」

ぼく「でてきました、でできました。なんですかこれ。

 

f:id:tabimarusho:20170606163413j:plain

        めちゃくちゃ綺麗じゃないですか。」

 

いきなりですがWindowsのパソコンをお使いの皆さん。

1度や2度、デスクトップ画面のあの草原ってどこの国の風景だろう?

と思ったことはありませんか?

その草原がチェコのモラビアだったんです。

 

普段空きコマを利用して京都御所に散歩に行くぐらい、自然やゆったりした空間が好き

な僕にはもうこれ以上にないぐらい、魅力的な場所です。

この広い草原で走るのも良し、ごろんと寝転がって昼寝をするのも良し。

ずっといられそうな気がします。

ちなみに、ブルノから南東に50㎞ほどいったところの高台に“Bukovansky Mlyn”とい

うレストランや宿泊施設、ワインセラーなどが集まった風車が目印の複合施設があるそ

うです。

ここで休憩しながら眺める大草原モリビアなんてのも味わってみたいもんです。

チェコは街並みや雑貨が可愛いので女性にはこの本がオススメ

 

愛溢れる国ウクライナで美女に会いに行こう。

皆さん恋人はいますか?
僕はいません。

彼女/彼氏欲しいでよね。


なんで急にこんな話になってるねん!!

ありがとうございます。待っていました。そのツッコミを。

僕はある場所を紹介したかったんです。

そのある場所というのがこちら。

www.instagram.com

“愛のトンネル”です。

地元では“The Tunnel of Love”と呼ばれているそうです。

恋人が現在いる方は是非一緒に行ってみてください。

恋人が現在いない方はいつかのために下見として行ってみてください。

何が言いたいかというと、

とりあえず行ってみてください。一人でも十分に楽しめるそうす。

写真もじっくり取れます。

ただ注意して欲しいのが、線路の上にずっといないでください。

危ないです。

廃線のようにみえて実はまだ貨物列車が走っています。

1日3本ほど。

ここからは独身男性必見です。

 

旅人「ウクライナは愛のトンネルだけじゃなくて人も美しいで」

ぼく「え、人ですか?女性でよね」

旅人「そや。この世のもんとは思えへん。同じ人間とは思えへん。」

ぼく「ウクライナ 女性 っと(カタカタ)」

ぼく「でてきました、でできました。なんですかこれ。

 

 

 

 

f:id:tabimarusho:20170605105559j:plain

   めちゃくちゃ綺麗じゃないですか。」

 

実はウクライナは、

美女が多い国ランキング1位なのです!

う、美しすぎる。。。

こんな女性がウクライナにはいるんです!

まだまだいます。

 

f:id:tabimarusho:20170606162815j:plain

photo by More pictures and videos: connect@epp.eu

この美女はなんと…

第10代および第13代ウクライナの首相なのです。

そして物価はなんと東南アジアやインドより安いことも?

例えば1.5リットルで50円のビールもあるらしい!

f:id:tabimarusho:20170606163623j:plain

それなのにサービスの質も期待以上らしい。

これは是非行ってみたいです。

 

魅力を話しだすと止まらないポーランドの実態

最後に紹介するのはポーランド。

“Heart of Europe”と呼ばれており、西欧と東欧の文化の架け橋となっている国です。

ポーランドといえば、

f:id:tabimarusho:20170606163540j:plain

 

可愛い町並みに、

 

f:id:tabimarusho:20170606162918j:plain

photo by leoglenn_g

可愛い雑貨などのイメージが強いと思います。

 

f:id:tabimarusho:20170606163600j:plain

それ以外にも、アウシュビッツ強制収容所などを思い浮かべる方も多いと思います。

 

フォトジェニックな風景があると思いきや、アウシュビッツ強制収容所のように歴史あ

ふれるスポットがある。というふうに可愛い町並み以外にも歴史を肌で感じられるス

ポットも数多く存在するのがポーランドの特徴だと思います。

旅人「ポーランドの良さは街並みもあるけど交通の便もめちゃくちゃいいで。」

ぼく「もしかしてあれですか?周辺国に簡単にいけちゃうってやつですか?」

旅人「そうそう。めっちゃ多くの国に接しているから行きやすいねん。」

ぼく「ポーランド 周辺国 っと(カタカタ)」

ぼく「でてきました、でできました。なんですかこれ。

 

 

f:id:tabimarusho:20170605111809j:plain

        めちゃくちゃ囲まれているじゃないですか。」

 

北はバルト海に面し、北東はロシアの飛地カリーニングラード州とリトアニア、東はベ

ラルーシとウクライナ、南はチェコとスロバキア、西はドイツと行った感じに。

そのためポーランドに行ったあとその他周辺の国々に気軽に行けるのです。

先程紹介したウクライナやチェコも周辺国に含まれています。


旅人「魅力はまだまだあるで」

ぼく「これ以上に何があるんですか?」

旅人「何と言ってもポーランドの物価の安さやで。ヨーロッパでも1位ちゃうか?」

ぼく「ポーランド 物価 っと(カタカタ)」

ぼく「でてきました、でできました。なんですかこれ。

 

f:id:tabimarusho:20170605111823j:plain

      めちゃくちゃ安いじゃないですか。」

 

メロンパンが30円。

500gのパン一斤で50円

水1.5L20円

豚肉も500g150円

いちご1kg150円

 

安いのは食べ物だけじゃありません。

ドミトリー1泊600円

バス(ワルシャワからクラクフ)約450円

 

どうですか?

ヨーロッパにいながらまるで東南アジアと変わらない物価の安さは。

僕は衝撃を受けています。

そんな魅力的な部分ばかりのポーランドですが、

なんと、最近じわじわと人気が出てきている《旅人育成企画タビイク》がポーランドプランを発表したのです。

 

f:id:tabimarusho:20170605112122j:plain

本当です。

ただ残念なお知らせが1つあります。

 

集合日が1つしかないんです。

しかも人数制限があるうえ、先着順です。

つまりどういうことかというと、すぐにでも申し込みしないと、参加できなくなる可能性大ということです。

でも安心してください。

そんなに焦らないでください。

少し落ち着きましょう。

これを特別に貼りますね。

 

タビイク|ポーランドプラン

 

タビイクポーランドプランの申し込みページです。

それと、みなさんにはポーランド以外にも行って欲しいので参加費1万円割引のクーポンを教えちゃいます。

f:id:tabimarusho:20170605095034j:plain

タビイク公式LINE@の友だち登録をするだけで1万円引きクーポンがもらえる。

その1万円でポーランドで遊ぶのも良し、ウクライナやチェコなど周辺国に行くのも良

し、使い道はあなた次第です。

この夏の旅の選択肢にヨーロッパを入れるのはどうですか?

 

タビイクHPはこちら▶︎タビイク公式ページ

タビイクLINE@登録はこちら▶︎友だち追加